読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y-Ken Studio

新しもの好きのデータエンジニアが四方山話をお届けします。

TravisCI

Appraisalを用いた、Fluentdプラグインの後方互換性を保てるテスト方法 #Fluentd

2015年にはFluentd v0.12系が主流となってきましたが、まだ古いv0.10系を利用している環境も残っていると思います。 プラグイン開発する上では、Fluentdの後方互換性が保てているかのテストもTravis-CIで行いたいですよね。 その時にどのように行うのか、メ…

Travis-CIでapt-get installに失敗する時の対処法

最近はTravisCIでの不可解なエラーのためgem update bundlerを追記する対応が必要になり話題となりましたね。 なんと今度は、今まで動いていたapt-get installが、次のメッセージで失敗するようになりました。 E: Unable to locate package libgeoip-dev さ…