読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y-Ken Studio

新しもの好きのデータエンジニアが四方山話をお届けします。

elasticsearchのファイルディスクリプタを監視する

elasticsearchはLuceneをベースにしているため、細かい粒度でのファイルを多く生成します。 そのため "too many open files" エラーが発生して停止しないよう、安定稼働のためには日頃のリソース監視が必要です。 では、どのようにファイルディスクリプタの…

elasticsearchのクラスタで利用するNICをインターフェース名で指定する方法

複数のインターフェースを搭載するマシンでelasticsearchをクラスタ稼働させると、1つ目のインターフェースのIPを対向クラスタへ返します。そのため、1つ目のインターフェースでクラスタ同士の疎通が出来ない構成で稼働させるには、network.publish_hostの調…

ElasticsearchのLogstash形式インデックスをお手軽に削除するワンライナー

photo by Irina Souiki elasticsearchのlogstash形式インデックスを、定期的にcronで削除したいときに便利なワンライナーを紹介します。 使うコマンドはdateとcurlのみという大変シンプルなものですので、環境を選びません。

データ可視化に便利なkibanaは、elasticsearchのsiteプラグインとして構成すると便利 #fluentd

Fluentdなどから収集したメッセージをelasticsearchへ格納してKibanaで可視化するソリューションは素晴らしく、とても人気があります。 しかしそれだけのためにApacheやNginxなどのWEBサーバを新たに起ち上げるのは手間ですよね。 実は新たに起ち上げない方…

ログ収集や可視化で話題のFluentd、Elasticsearch、Kibanaを徹底解説したムック本が発売となります

2014年8月8日、ログ収集や可視化を始めたいエンジニア必携の書籍が技術評論社より刊行されます。 本邦初公開となる、全編書き下ろしの特集で構成された本書を読むことで、ログ解析の有用性からログ収集、保存、可視化手法を習得できます。 私はこの第2特集「…

5分あれば出来る、Muninでelasticsearch 1.xのリソース監視を行う方法

JVMで動くelasticsearchを安定運用させるにはリソース監視も欠かせません。 今回は手軽なリソース監視が出来るMuninを用いて、インストール方法から作られるグラフサンプルの紹介まで行います。 利用プラグイン elasticsearch 1.x系で動くプラグインは現状こ…

MySQLからelasticsearchへ、レコードをネスト構造化しつつ同期出来る fluent-plugin-mysql-replicator v0.4.0 を公開しました

elasticsearchは全文検索サーバとしても知名度を獲得しており、次のような記事も人気を集めています。 elasticsearchを全文検索サーバとして活用するなら読んでおきたい、6つのブログ記事をピックアップ - Y-Ken Studio http://y-ken.hatenablog.com/entry/e…

elasticsearchを全文検索サーバとして活用するなら読んでおきたい、6つのブログ記事をピックアップ(追記あり)

LuceneベースのNoSQL全文検索サーバ、elasticsearchはログ解析の収集先として取り上げられることが多いですが、優れたNoSQL全文検索サーバでもあります。 日本でも2013年末頃から続々とブログ記事や利用事例が増えている注目の技術でもあります。 今回は、そ…

Fluentdでelasticsearchの一般ログ・スロークエリログを収集する設定

FluentdのtailプラグインでElasticsearchのログを収集する方法を紹介します。

elasticsearch-1.0.0正式版がリリースされたので、0.9.xからのアップグレード手順をまとめました(追記あり)

Elasticsearch 1.0.0 released ということで、早速アップデートしてみました!

第3回elasticsearch勉強会でトークしました #elasticsearchjp

2014年2月7日にリクルートテクノロジーズで開催された「第3回 ElasticSearch勉強会」でトークしてきました!前回の皆様の発表はKibanaに関する情報がメインでしたが、今回は検索技術中心のガチな内容でとても楽しかったです。 懇親会では今回発表したYamabik…

MySQLテーブルへの更新/削除イベントを逐次取得するFluentdプラグイン「fluent-plugin-mysql-replicator」をリリースしました

任意のSQLクエリで取得した結果の差分から、insert/update/deleteイベントを検知するプラグインをリリースしました。イベント検知だけでなく、レコードの内容と共にElasticsearch/Solrへ同期を行う、Outputプラグインも同封しています。 これはあえてバイナ…

Fluentd+Elasticsearch+Kibana構成で便利な、logstash形式インデックスの粒度をカスタマイズする方法

fluent-plugin-elasticsearchやKibanaのデフォルトであるlogstash形式では、年月日毎にインデックスを作成されて使われることを想定されています。 これは扱いやすいのですが万能では無く、次のような状況ではパフォーマンス的な観点で、このインデックスの…

Fluentdのタグ書き換えが捗る「tag_parts」プレースホルダを使ってみよう

Fluentdでログのちょっとした加工をする際に、タグの付け替えが必要です。 新しいタグを指定するか、先頭文字列の付け替えを行う手法が良く使われます。 しかしそれだけではかゆいところに手が届かず、もどかしい思いをされたことでしょう。 そんな時、タグ…

Fluentdが流行る理由がいま分かる、10の実践逆引きユースケース集

ログデータを活用してビジネスに役立てようという最近のトレンドは理解できる。 しかし、なぜログ収集ソフトウェアのFluentdがこれほどまで話題になるのか、不思議に感じている方もいるのではないだろうか。単にログデータを収集するならばsyslog-ngやrsyslo…

第2回 ElasticSearch勉強会で発表してきました&参加レポート #elasticsearchjp

2013年11月12日にリクルートテクノロジーズで開催された「第2回 ElasticSearch勉強会」に参加&発表しましたので、レポートします。 発表テーマ 「ElasticSearch+Kibanaでログデータの検索と視覚化を実現するテクニックと運用ノウハウ」というテーマで発表し…

2013年10〜12月開催の勉強会への登壇予定をお知らせします

この秋には3つの勉強会でお話させて頂けることになりました。 いずれも、データベース周りのお話を行う予定です。 photo by mari ce

ElasticSearchに関するスライド・資料まとめ

ElasticSearchについて理解が深まるスライドをまとめました。