読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y-Ken Studio

新しもの好きのインフラエンジニアが四方山話をお届けします。

Appraisalを用いた、Fluentdプラグインの後方互換性を保てるテスト方法 #Fluentd

fluentd Ruby TravisCI

2015年にはFluentd v0.12系が主流となってきましたが、まだ古いv0.10系を利用している環境も残っていると思います。
プラグイン開発する上では、Fluentdの後方互換性が保てているかのテストもTravis-CIで行いたいですよね。

その時にどのように行うのか、メモを残しておきたいと思います。
また、どのようにAppraisalsを使い、手元でバージョンを使い分けたテストが実行できるかも紹介します。

続きを読む

Travis-CIでapt-get installに失敗する時の対処法

TravisCI fluentd

最近はTravisCIでの不可解なエラーのためgem update bundlerを追記する対応が必要になり話題となりましたね。
なんと今度は、今まで動いていたapt-get installが、次のメッセージで失敗するようになりました。

E: Unable to locate package libgeoip-dev

さて、困りました。
早速対処法を探ります。

続きを読む

Fluentdのレコードにホスト名を付与する最良の方法

fluentd

Fluentdでログを集める時にそのサーバのホスト名(hostname)をレコードに追加したい。 そういう時に便利な設定サンプルを紹介します。

ユースケース

  • tailプラグインで収集したApacheのエラーログに、ホスト情報を付与する
  • その他、ございましたら教えてください
続きを読む

Rubyで全角英数字を半角英数字にnkfで変換する時の落とし穴

Ruby

RubyUTF-8文字列の全角英数字の表記揺れを統一したいとき、 気をつけないと希に文字化けする事象を見つけたのでメモします。

f:id:yoshi-ken:20150605122403p:plain

NKFを用いて全角英数字→半角英数字に変換する方法

ググるとよく出てくる方法は次の通りです。
もちろん、問題なく普通に動きます。

続きを読む