Y-Ken Studio

新しもの好きのインフラエンジニアが四方山話をお届けします。

5分あれば出来る、Muninでelasticsearch 1.xのリソース監視を行う方法

JVMで動くelasticsearchを安定運用させるにはリソース監視も欠かせません。
今回は手軽なリソース監視が出来るMuninを用いて、インストール方法から作られるグラフサンプルの紹介まで行います。

利用プラグイン

elasticsearch 1.x系で動くプラグインは現状これ1つのみです。

次のプラグインが同封されています。

  • elasticsearch_cache - フィールドとフィルタのキャッシュ状況
  • elasticsearch_cluster_shards - クラスタのシャード状況
  • elasticsearch_docs - 格納されているドキュメントの数
  • elasticsearch_index_size - インデックスのサイズ
  • elasticsearch_index_total - インデックスの総数
  • elasticsearch_jvm_memory - JVM ヒープ状況
  • elasticsearch_jvm_threads - JVM スレッド状況
  • elasticsearch_open_files - 開いているファイル数の数
  • elasticsearch_translog_size - translogファイルのサイズ
続きを読む

プロキシを使わずにRuby-1.9/2.1混在環境も作れる、Apache2+Passenger4+rbenvを用いた混在環境の作り方

Passenger 3.x で複数のRubyバージョンを使い分けるには、とてもトリッキーな対応が必要でした。
ところがPassenger 4.0.0 より公式に複数のRubyバージョンに対応しました。つまり、同一筐体のApacheで動く他アプリケーションへ影響を与えることなく、気軽にアプリ毎に使うRubyバージョンを変更できるようになります。

続きを読む

MySQLからelasticsearchへ、レコードをネスト構造化しつつ同期出来る fluent-plugin-mysql-replicator v0.4.0 を公開しました

elasticsearchは全文検索サーバとしても知名度を獲得しており、次のような記事も人気を集めています。

MySQLでは実現の難しかったLuceneならではの次のような特徴を兼ね備えたelasticsearchはとても魅力ですよね。

しかしながらelasticsearchを中核となるデータベースとして扱うにはまだ日が浅いことは事実です。
そこで、私と同様にMySQLを補う形でelasticsearchを使いたいという方にとって有用な情報を本日お届けしたいと思います。

続きを読む

elasticsearchを全文検索サーバとして活用するなら読んでおきたい、6つのブログ記事をピックアップ(追記あり)

LuceneベースのNoSQL全文検索サーバ、elasticsearchはログ解析の収集先として取り上げられることが多いですが、優れたNoSQL全文検索サーバでもあります。
日本でも2013年末頃から続々とブログ記事や利用事例が増えている注目の技術でもあります。
今回は、その中で全文検索サーバとしての切り口で分かりやすく解説された6つの記事を紹介します。

続きを読む