読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y-Ken Studio

新しもの好きのデータエンジニアが四方山話をお届けします。

ログ収集や可視化で話題のFluentd、Elasticsearch、Kibanaを徹底解説したムック本が発売となります

サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集~可視化編 [現場主導のデータ分析環境を構築!] (Software Design plus)

2014年8月8日、ログ収集や可視化を始めたいエンジニア必携の書籍が技術評論社より刊行されます。
本邦初公開となる、全編書き下ろしの特集で構成された本書を読むことで、ログ解析の有用性からログ収集、保存、可視化手法を習得できます。
私はこの第2特集「ログ収集ミドルウェアFluentd徹底攻略」の執筆を担当しました。

それでは、それぞれの特集について簡単に紹介したいと思います。

サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集〜可視化編

特集1 ログ解析からはじめるサービス改善 (鈴木 健太)

第1特集では、ログを蓄積して解析する意義とは何か、コーヒーショップのECサイトを例に、データ分析のケーススタディと共に解説されています。

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 サービス改善に必要なこと
  • 第3章 なぜ今可視化なのか
  • 第4章 ログデータ入門
  • 第5章 はじめてのFluentd、Elasticsearch、Kibana
  • 第6章 ElasticsearchとKibanaを超えて
  • 第7章 まとめと参考文献

特集2 ログ収集ミドルウェアFluentd徹底攻略 (吉田 健太郎)

第2特集では、Fluentdを実践運用する上では欠かせない設定ファイルの書き方や概念、ノード構成パターンを解説した後に、運用・監視ノウハウについて解説しています。
そして第5章には「逆引きFluentdプラグイン集」が収録されています。Fluentdプラグインは数多く公開されていますが、利用したい機能ジャンル毎にどのようなプラグインがあるのか、そしてそれがどのような機能を持つのかまとまった情報がありませんでした。本書では、250以上に及ぶ主要プラグインをジャンル毎に解説しています。この逆引きプラグイン集のためだけでも本書を購入する価値はあるのではないでしょうか。

  • 第1章 ログ収集の目的とミドルウェアの特徴
  • 第2章 はじめてみようFluentd
  • 第3章 Fluentd設計のコツ
  • 第4章 Fluentd運用ノウハウ
  • 第5章 逆引きFluentdプラグイン

特集3 Elasticsearch入門 (大谷 純)

第3特集では、NoSQLデータベースであるElasticsearchの基礎から応用までを幅広く解説しています。これから使い始める方にも既に運用中の方にもお勧めな内容となっています。
また、Kibanaと共に利用する際の運用方法や、ElasticsearchとHadoopを組み合わせて検索基盤を作るプラグインの利用ガイドなども充実しています。

  • 第1章 データストア入門
  • 第2章 Elasticsearchの基礎
  • 第3章 Elasticsearchのはじめ方
  • 第4章 運用TIPS
  • 第5章 インデックス管理ツールと厳選プラグイン
  • 第6章 elasticsearch-hadoop

特集4 可視化ツールKibanaスタートガイド (道井 俊介)

第4特集では、ログ検索結果を元にしたデータの可視化を行うダッシュボードツール“Kibana”を用いたログの検索や、可視化を行う機能をフルカラーで一通り紹介しています。
Kibanaには様々なパネルや機能があるので、これから使おうとしている方にも、既に使ったことのある方にも新しい発見があることでしょう。

  • 第1章 Kibanaの基礎知識
  • 第2章 インストールと設定
  • 第3章 ダッシュボードとパネルの操作
  • 第4章 データのフィルタリング
  • 第5章 基本的なパネル
  • 第6章 パネルのスタイルとダッシュボードの運用
  • 第7章 Fluentdによるデータ入力

まとめ

実際にプロダクション環境での運用も進みつつある全文検索(Elasticsearch)、ログ収集(Fluentd)や可視化(Kibana)という人気構成*1を、それぞれの観点から詳細に解説した初の書籍ではないでしょうか。
もちろん本書はFluentdを手堅く使いこなしたいという方にも満足できるでしょうし、ElasticsearchとFluentd、Kibanaを組み合わせたログ解析基盤の構築と運用に関心のある方にも大変オススメです。
実践運用しているエンジニアによるノウハウがこれだけ満載されて2,138円とは、とてもお買い得ですね。

Amazonにて在庫切れの場合は、楽天ブックスからも購入できます
http://books.rakuten.co.jp/rb/12860790/

電子書籍版(PDF)は"Gihyo Digital Publishing"より購入できます
https://gihyo.jp/dp/ebook/2014/978-4-7741-6698-8

あわせて読みたい

変更履歴

2014年8月12日:電子書籍版の購入リンクを追加

*1:これらを総称してEFK構成や、EFKスタックと呼ぶ。Elasticsearch、Fluentd、Kibanaの頭文字を取ったもの